「歩きスマホ」に罰金!?事故例や件数も!当たり屋までも発生!?

この記事は2分で読めます

御存知の通り「歩きスマホ」での事故も多発してます。

最近では『当たり屋』まで出る始末です。

「歩きスマホ」に関することを、いろいろ調べてみました。


スポンサーリンク

「歩きスマホ」に罰金!?

日本でも導入の噂がチラホラ聞かれます「歩きスマホ」の罰金。

ハワイのホノルルで導入がされました。

初犯の人間には15~35ドル、何度も繰り返す違反者には最大で99ドルの罰金が課せられるそうです。

アメリカでは2007年以降、「歩きスマホ」での事故は推定1300人とのことです。

iPhone発売から事故が急増し、社会問題になっていました。

日本でも「歩きスマホ」への罰金が議論されています。

事故が多発して他人に迷惑を及ぼす事故が増えれば、『歩きタバコ』が禁止されたようになるのかもしれませんね・・

「歩きスマホ」での事故例や件数

当然「歩きスマホ」での事故件数は右肩上がりです。

出典:tfd.metro.tokyo.jp

データは26年の途中のものですが、東京消防庁管内で「歩きスマホ」(自転車での事故も含む)で救急搬送された人数です。

救急搬送ですので、「歩きスマホ」で結構な事故になったことは間違いありません。

つまずいて転ぶだけなら笑って済ますこともできますが、動画を見ると非常に危険なことがわかります。

「歩きスマホ」での事故例

事故種別では、

  • 『ぶつかる』43%
  • 『転ぶ』28.3%
  • 『落ちる』25.0%

となっています。

具体的な事故例はこんな感じです。


スポンサーリンク

1,40代の男性が「歩きスマホ」で踏切に侵入したのに気づかず電車はねられ死亡。

信じられない事件です。

不謹慎ですがとんでのもない集中力ですね(汗)

しかも迷惑極まりない事故といえます。

「歩きスマホ」での事故は10~20代が多い印象がありますが、実は40代が一番事故を起こしています。

2,中学1年生が「歩きスマホ」中にホームに落下。

出典:news.yahoo.co.jp

電車はブレーキが間に合わず転落場所を通過しましたが、中学生はホーム下の退避スペースに逃げ込み難を逃れました。

中学生ならではの動きの速さで何とか事故は免れましたが、中年以上なら間違いなくバラバラでしょう(汗)

3,「歩きスマホ」に夢中で用水路に転落。

出典:gadget2ch.com

あまりに事例が多すぎてひとつに絞れませんが、「歩きスマホ」による用水路へ転落する事故が多発しています。

用水路と言っても都会では余り見ることはありませんが、地方ですとまだまだあります。

「歩きスマホ」に当たり屋

日本各地で当たり屋による被害が報告されています!

「歩きスマホ」をしている人にわざとぶつかり、慰謝料を請求するというものです。

昔から車に対する当たり屋は結構いましたので、安全で気軽にできますので被害が出るのも頷けます。

中学校の時に当たり屋で小遣い稼ぎしてた渡辺くんを思い出しました(汗)

「歩きスマホ」で被害者にも加害者にもならないように気をつけましょう!!

ありがとうございました。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いている人

Jiroです^^ 毎日気ままな生活送っています。 日常の気になった出来事をテキトーに記事にしてます(*^^*)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る