知覚過敏の原因になる酸蝕歯!歯が透けて見えたら要注意!治療法も!

この記事は2分で読めます

知覚過敏イヤですよね(汗)

知覚過敏になるにはイロイロ原因がありますが、酸蝕歯が注目を浴びています。

酸蝕歯とは歯の表面が溶けていく症状です。

虫歯、歯周病に次ぐ第三の歯の病気として問題になっています。

以下のような症状があった場合は要注意です。


スポンサーリンク

酸蝕歯の症状

  • 知覚過敏になる
  • 歯の表面の部分が丸みを帯びてきている。
  • 歯が黄ばんで見える。
  • 歯が細くなる。
  • つめものが茶色や黒くなる。
  • 歯の先端が欠ける。
  • 歯に小さな窪みができる

酸蝕歯の原因としましては、読んで字のごとく酸性の食品の取り過ぎが原因になることが多いです。

酸蝕歯になりやすい人の食習慣をまとめてみました。

酸蝕歯になりやすい人

  • 炭酸飲料をよく飲む人。
  • 逆流性食道炎の人。
  • 洗口液で寝る前にうがいをする人。
  • スポーツドリンクをよく飲む人。
  • マヨネーズ等のドレッシングをよく摂る人。
  • アルコールを寝る前に飲む人。
  • 黒酢ドリンクなどをよく飲む人。
  • 柑橘系のフルーツをよく食べる人。
  • 梅干しなどの酢漬けの食品をよく食べる人。

では、治療法としてはどんなものがあるのでしょうか??

酸蝕歯の治療法

まずは食習慣を変えることから始めます。

例上記のような習慣があったにせよ、飲み方や食べ方を変えるだけでもかなり有効です。

例えば炭酸飲料も飲むにしても、口に含んだりせずすぐに飲み込む等・・

要は歯に付かない、もしくはつく時間を極力短くするということです。

あと酸性度の高いものを口にしたあとは、歯みがきをすぐにしない!

すぐ歯を磨くのではありませんよ。逆です!

酸性度の高いものを口にしたあとは、歯の表面が柔らかくなっています。

30分ほど待ってから歯みがきをするのがオススメです^^

もちろん口にしないのが一番ではあります。

歯科での治療は大まかに下記のような感じになります。

  • コンポジットレジン修復
  • ラミネートベニア修復

酸蝕歯による歯の欠けが部分的な場合はコンポジットレジンで、欠けた部分が広範囲の場合はラミネートベニアによる修復になります。

コンポジットレジンとは合成樹脂を欠けた部分に直接注入して固める治療法です。

出典:wakasa-dc.com

歯の白さに近い色で、極めて簡単で自然に見えるのが特徴です。

デメリットとしては、欠けた部分が広範囲であると使用はできません。

それに対してラミネートベニアとは歯のエナメル質を削り、薄いシェルを接着剤で貼り付ける治療法です。

出典:blancetbeau.com

デメリットとしては保険の適応ができないことや健康なエナメル質をも削らなければならないことです。

どちらの治療にもメリットとデメリットはあります。

歯は命です(笑)

ありがとうございました。

 


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いている人

Jiroです^^ 毎日気ままな生活送っています。 日常の気になった出来事をテキトーに記事にしてます(*^^*)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る