「中国式白タク」とはなに!?中国語の配車アプリでロン被告が逮捕!

この記事は2分で読めます

相変わらず中国人はロクな事しません。

自国で犯罪犯して極刑にでもなればと思います。

日本人が優れているとは言いませんが、世界的に見てもこの民族の劣化具合はハンパないです。

日本各地で「中国式白タク」と呼ばれるものが問題になっています。


スポンサーリンク

「中国式白タク」とはなに!?

「中国式白タク」とは訪日中国人客を相手に無許可でタクシー営業をすることで、中国語の配車アプリを使用するのが特徴です。

中国語の配車アプリは配車から決済までできる仕組みになっています。

「中国式白タク」は訪日客を相手に商売をするため観光地や空港などに出没しています。

東京や大阪、沖縄で多くの確認がされています。

彼らは営業許可を持たないどころか、二種免許も持っていない場合がほとんどというお粗末ぶりです。

それどころか使用している車両には任意保険にすら入っていない場合もあります。

下手をするとドライバーが免許すら持っていない可能性もあります。

あちらの国では大したことないかもしれませんが、日本でそんなことをやられた日にはたまりません。

事故を起こしても誰も責任がとれない状態です。

中国語の配車アプリでロン被告が逮捕!

この「中国式白タク」で営業していたロン被告(28歳)が逮捕されたわけです。

出典:mainichi.jp


スポンサーリンク

ロン被告は就労資格がないのに営業した入管難民法違反容疑での逮捕でしたが、道路運送法違反罪で追送検されました。

ロン被告は50人以上の中国人ドライバーを雇い、昨年9月から「中国式白タク」で「客を300回以上運び、500万円の売り上げがあった」と供述しています。

この雇われた中国人ドライバーもまともとは思えません。

今回の「中国式白タク」は問題外としても、一般に外国人が働いているのをよく目にします。

彼らは日本で働くために必要な就労ビザ(在留資格)を持っているのでしょうか??

日本の一般企業が採用できる在留資格は下記の5つです。

  1. 永住者
  2. 日本人の配偶者
  3. 永住者の配偶者
  4. 定住者
  5. 技術、人文知識、国際業務

先日も外国人留学生の資格について問題になっていましたが、多くが留学生ではないのでしょうか?

留学生のバイトは認められていますが、基本的には学業に支障がない範囲で週28時間と決められています。

これを違反した場合は雇用者、留学生共に罰せられます。

雇用者は不法就労助長罪が適用され、3年以下の懲役300万円以下の罰金に処せられます。

まぁ、どうせザルみたいな法律ですので、いくらでも抜け道があるんでしょうが・・

どちらにしてもせめて犯罪を犯さずまともに働いてもらいたいものです。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いている人

Jiroです^^ 毎日気ままな生活送っています。 日常の気になった出来事をテキトーに記事にしてます(*^^*)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る