簡単!ヘチマ沖縄料理レシピ!ヘチマは美味しく食べられる!動画も!

この記事は2分で読めます

ヘチマの収穫時期になりました!

小学校の時はグランドの片隅でヘチマを栽培して、ヘチマ水を作った記憶があります。

余ったヘチマはタワシにと・・

近頃ではヘチマ水にタワシという組み合わせより、沖縄のようにで食べる習慣が流行っています。

なんと沖縄ではごくありふれた食材です。

ゴーヤのように全国でメジャーな食材になりますでしょうか??

ヘチマの簡単料理法をご紹介いたします。


スポンサーリンク

簡単!ヘチマ料理レシピ

レシピの前に少しヘチマの栄養と効能についてご紹介しておきます。

ヘチマは基本的に水分の塊で、栄養価は低いです(汗)

しかし含まれているカリウムはナトリウムを排出する働きがあり、高血圧の予防になります。

葉酸も含まれており、認知症に効果があると言われています。

他にも結合組織を強くするケイ素や動脈硬化を予防するペクチンなどを含んでいます。

ヘチマは沖縄ではナーベラと呼ばれています。

1.ヘチマの煮浸し

文章で説明するよりも動画がありましたので、コチラのほうがわかりやすいと思います(笑)

2.ヘチマのチャンプルー

3.ヘチマの味噌汁

4.ヘチマの味噌煮

5.ヘチマのゴマ和え

全て動画で済ませましたが、決して手抜きをしてるわけではありませんよ(笑)

ヘチマ料理も飽きましたので、懐かしのヘチマ水の作り方と効果について調べてみました。

ヘチマ水の作り方

  1. 逆さにしてぶった切る!
  2. ヘチマから水が滴り落ちる。
  3. 完成!!

チョット芸がなさすぎますので、ヘチマ化粧水の作り方をあらためてご紹介いたします。

ヘチマ化粧水の作り方

まずは下記のものをご用意下さい。

  • ヘチマ水(1リットルくらい)
  • グリセリン(50ml)
  • ホウ砂(5g)
  • エタノール(100ml)
  • 香料(適量)
  1. ドラッグストアで購入できるものばかりです。
  2. ヘチマ水を鍋で1分ほど加熱します。
  3. ホウ酸を入れて溶かします。
  4. ヘチマ水の温度が下がったらエタノールとグリセリンを入れ、その後に香料を入れます。
  5. コーヒーフィルターなどで濾して完成です。

超カンタンですね!

最後にヘチマ水の効果について説明しますね!

なんと結構ヘチマ水はスゴイらしいです(汗)

特に下記の三種類の成分がお肌によろしいようです。

  • サポニン
  • ペクチン
  • カリウム

まずサポニンですが細胞を活性化させる働きがあります。

肌の再生にも一役買います!

ペクチンには肌に張りと潤いを、カリウムはむくみに効果があります。

こんなに簡単にできるヘチマ水で絶大な効果があるわけですが、問題は普通はヘチマ自体が家にありません・・

そんな方は面倒なので買っちゃいましょうww

効果があった方は教えてください(笑)

ありがとうございました。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いている人

Jiroです^^ 毎日気ままな生活送っています。 日常の気になった出来事をテキトーに記事にしてます(*^^*)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る