多頭飼育崩壊のネコ屋敷の女性に強制退去!回復費用1000万円も?

この記事は2分で読めます

神戸市灘区の市営住宅に住む女性に強制退去が命じられました。

なんとこの40代の女性は市営住宅にとんでもない数のネコを放置してました(汗)

詳しく見ていきたいと思います。


スポンサーリンク

多頭飼育崩壊のネコ屋敷の女性に強制退去!?

神戸地裁は1月に神戸市が訴えを起こしていた、女性の退去について認める判決を下しています。

その後の4月に強制退去執行に踏み切りました。

そもそもこの市営住宅はペットの飼育は禁止されていました。

にも関わらず、53匹のネコを飼っていた!と言うより放置していました(汗)

出典:kobe-np.co.jp

近隣住民からも「ネコのふん尿で悪臭がする」と苦情が出ていたということです。

これだけのネコが放置されていれば当然臭いもしますね。

部屋の中にはネコどころか、ネコの死骸も頬治されていたとのことですので衛生面でも最悪の状態だったことでしょう。

これは「多頭飼育崩壊」と言うものです。

近所にありませんか??ネコ屋敷(笑)

「多頭飼育崩壊」とはペットが飼い主の意図を超えて増え続け問題化することです。

この市営住宅の女性は、典型的な「多頭飼育崩壊」と言えます。

しかも酷いことに自分は他の場所に住み、市営住宅にはネコだけを放置していました。

周りの迷惑を全く考えることなく、無責任極まりないですね。

部屋の中も相当なものです(汗)

ネコ屋敷の回復費用1000万円!?

部屋の中はとんでもない悪環境です(汗)

出典:kobe-np.co.jp

ふん尿は死放題、死骸はゴロゴロ・・

で、自分はのうのうと他の場所で快適に過ごしていたと・・

この部屋の撤去費及び消毒や修繕費に約1000万円かかるとのことです。


スポンサーリンク

神戸市は一部を女性に請求するとのことですが、ここまで悪質な行為を意図的に行って一部だけとは考えられません。

全額どころか、近隣住民への損害も請求してもおかしくない事例だと思います。

足りない分は神戸市の税金で補填されることでしょう。

ネコたちはほぼ全てが保健所で処分されると思います。

神戸市では須磨区でも同じような事例が発生しています。

同市の担当者は「悪質な事例が続くようなら、ペット禁止を条例に盛り込み、罰則を設けるなど厳しい対応を検討せざるを得ない」と発言しています。

何を今更って感じです。

市も担当者も同罪ですよ。

今までこの2件だけな訳がありません。

メンドクサイし関わりたくないから放っておいたんでしょ?

とんでもなく身勝手で無責任な人間に、近隣住民とネコが多大な被害を受けた事件でした。

まだまだ予備軍がたくさん控えてます。

早く対応してほしいものです。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いている人

Jiroです^^ 毎日気ままな生活送っています。 日常の気になった出来事をテキトーに記事にしてます(*^^*)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る