猟師(マタギ)になるにはどんな資格がいる?年収や求人も?

この記事は2分で読めます

なんと巷では猟師(マタギ)になりたい人が増加しているようです。

『狩りガール』なんて言葉まで誕生しています^^

そもそも猟師(マタギ)とは大型獣の捕獲を生業にしてきた人たちを指します。

出典:pref.akita.jp

大型獣とは熊や鹿、猪なんかもそうでしょう。

竹田五兵衛はマタギの典型ですね。

出典:ameblo.jp/yoshiki-0722

猟師(マタギ)のどこに魅力を感じてなりたいのか、サッパリわかりませんがとにかく人気です!

どう考えても超危険です!

リキや銀は助けてくれません。

出典:pixls.jp

こんなのがウロウロしてるんですよ(汗)

ライフルがあっても勝てる気がしません。

戦争で敵兵に出くわしたほうがまだ良くないですか!?

戦争なら殺されるだけですが、熊には生きたまま喰われますよ。

勇者になりたい方が多いと言うことですね!

でも勝手に猟師(マタギ)にはなれませんよ。

いろいろな資格等が必要になってきます。


スポンサーリンク

猟師(マタギ)になるにはどんな資格がいる?

狩猟免許

まず狩猟免許(しゅりょうめんきょ)というのが必要になってきます。

これは住所地の都道府県知事が行う狩猟免許試験に合格しなければなりません。

免許の種類は4種類に分かれています。

  1. 網猟
  2. わな猟
  3. 第一種銃猟
  4. 第二種銃猟

赤カブトみたいな熊と闘いたい方は、『第一種銃猟』が必要になります。

出典:blogs.yahoo.co.jp

受験資格等も決められていますので、詳しく知りたい方は『都道府県庁』に問い合わせてみて下さい。

この第一種銃猟だけでは、銃を使って猟をすることはできません。

銃の所持許可


スポンサーリンク

銃を使用するには『銃の所持許可』も必要になります。

コチラは管轄が『警察庁』になります。

上記の手続きは全くの別物となりますので、どちらを先にとってもOKです。

狩猟者登録

更に『狩猟者登録』をして、『狩猟税』の支払をしなければいけません。

また実際に猟をする人は3000万円以上の損害賠償保険の加入、もしくは同等の賠償能力を証明することが必要とされます。

なかなかの道のりですね(汗)

知り合いでもいない限りほぼ挫折しそうな感じです。

猟師(マタギ)の年収や求人

調べたところによりますと・・

その給料は10万円ほどだということ。

現代で猟師(マタギ)で生活しようなんて無理です。

現在の猟師(マタギ)は趣味や、ほぼボランティアでの害獣駆除というところでしょうか!?

求人はありません(笑)

大人しく家でバイオハザード7 VRでもやってた方が健全で安全ですよ!

ありがとうございました。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いている人

Jiroです^^ 毎日気ままな生活送っています。 日常の気になった出来事をテキトーに記事にしてます(*^^*)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る