マムシに噛まれたらどうする!?毒の強さは?どこにいる?種類は?

この記事は2分で読めます

夏に活発に活動化する猛毒をもつヘビです。

名前は知ってはいますがその生体、特徴の毒など知らない方も多いと思います。

水田や、川辺、アウトドア環境の中に多く潜みます。

もしものためにその生体を調べてみました。


スポンサーリンク

マムシの毒

マムシはクサリヘビ科マムシ属に属するヘビです。体調は40cm~100cmほどでヘビとしてはそれほど大きくはありません。

問題はマムシがもつ毒です。毒蛇と言えば沖縄などのハブが有名ですが、そのハブの毒を数段上回る強さを持っています。

毒の強さを半数致死量(LD50)を使って紹介いたします。

『半数致死量(LD50)とは試験に用いた動物の50%が死亡すると推定される物質の量のことです。LD50の値が小さいほど毒性が強いということです。』

第1位:ヤマカガシ LD50=5.3 (mg/kg)
第2位:マムシ LD50=16 (mg/kg)
第3位:ハブ LD50=54 (mg/kg) 引用元:outdoor.ymnext.com

ヤマカガシには及びませんが、マムシも超強力な毒を持っていることがわかります。

ちなみに世界最強の毒蛇はインランドタイパンで、ニホンマムシの800倍の猛毒とのことです(汗

マムシの毒が弱いということではないですよ!

マムシに噛まれたときの対処法

マムシは標高1000m以下のカエルがたくさんいそうな所に多く生息しています。

田舎の田んぼや河原などに要注意です。キャンプやBBQの季節ですので皆さんも気をつけて下さい。

では不幸にもマムシに噛まれてしまったらどうすればよいのか??

ハブもそうですが、一列で歩く場合は3人目が噛まれると言うらしいです。

【マムシ目線】

一人目:あっ、獲物!(気づく)

二人目:噛み付いてやる!(構える)

三人目:やっちまえ!(飛びかかる)

という感じですかね^^

マムシは結構な距離を飛びついてくるので、発見した際にはそのあたりも注意です!

次にはマムシに噛まれた場合の対処法を説明しておきます。

1.噛まれた人を安静にする。

2.噛まれた場所を動かさない。

3.一刻も早く病院に連れて行く。

ということです。

なんにしても早く病院へ!ですね。

受診までにかかった時間で、その後の回復の時間が劇的に変わるようです。

昔近所にヘビ屋なるものが存在してました。

噂ですとマムシ一匹1000円で買い取ってくれるとのこと・・毒のことなど詳しく知らずに友だちとヘビ狩りに行ってました。(捕まりませんでしたけど・・)

皆さんも楽しいBBQやハイキング等、マムシに気をつけて楽しんで下さい!

ありがとうございました。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いている人

Jiroです^^ 毎日気ままな生活送っています。 日常の気になった出来事をテキトーに記事にしてます(*^^*)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る