警視庁本部でカッターナイフ男が逮捕!?公務執行妨害とはなに!?

この記事は2分で読めます

意味不明な男が逮捕されてニュースになってます。


スポンサーリンク

警視庁本部でカッターナイフ男が逮捕!?

千代田区霞が関の警視庁本部で30代の男が現行犯逮捕されました。

男は警視庁本部に侵入しようとしたところを機動隊に制止された際に、カッターナイフを取り出したとのことです。

罪状は公務執行妨害の疑いです。

警視庁本部にカッターナイフ1本で何がしたかったのでしょう!?

男は黙秘しているため、詳しいことはわかっておりません。

今年の初めにもにも同じようなことがありましたが、その時の男は警視庁本部前で警官に切りつけています。

不審人物が多すぎます(汗)

今日の男も平日の昼間から何してるんでしょうか?

ロクでもない人間なことは確かです。

今回「公務執行妨害」の疑いで逮捕されたわけですが、よく聞く「公務執行妨害」ってどのようなものなのでしょう??

公務執行妨害とはなに!?

「公務執行妨害」とは公務員対し暴力や脅迫などを用いて業務を妨害した際に成立する罪となります。

公務員とは役所の職員、警察、消防、自衛隊等になります。

刑法第95条には・・

1.公務員が職務を執行するに当たり、これに対して暴行又は脅迫を加えた者は、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。

2.公務員に、ある処分をさせ、若しくはさせないため、又はその職を辞させるために、暴行又は脅迫を加えた者も、前項と同様とする。引用:ja.wikibooks.org

とあります。

「公務執行妨害」の具体例は!?

  • 役所の職員に暴言を吐く。
  • 職質中のパトカーを蹴る。
  • 税務調査に入った職員を妨害する。

などなどが「公務執行妨害」に当たります。

ちなみに公務員の職務以外では「公務執行妨害」にはなりません。

例えば休暇中の警察官には適応されません。

代わりに脅迫罪や暴行罪が適応されますが・・

「公務執行妨害」の刑罰は!?

3年以下の懲役または禁錮、50万円以下の罰金となります。

「公務執行妨害」の場合はこれ一つの罪ではなく、複数の罪が重なることが多いようです。

例えば、職務質問に腹を立てパトカーを蹴ったあげく警察官を押しのけ暴言を吐いて脅迫するなどです。

「公務執行妨害」にプラスして「器物損壊罪」「傷害罪」「脅迫罪」の犯罪が関連してくることになります。

刑事事件に発展しますと以下のような流れになります。

出典:keiji-pro.com

可能性のある方は事前に確認しておくのも良いでしょう(笑)

関係しないに越したことはありませんね!

ありがとうございました。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いている人

Jiroです^^ 毎日気ままな生活送っています。 日常の気になった出来事をテキトーに記事にしてます(*^^*)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る