殺虫剤は人体にとっては危険では!?使い方とその種類と効果は!?

この記事は2分で読めます

蚊にハエやゴキブリ等の害虫が発生する季節です。

この季節に殺虫剤が必需品ですね!

どこの家庭にも何らかの殺虫剤があると思います。

自分のウチにもイロイロな種類の殺虫剤が常時あります。

今ではワンプシュで何時間も害虫を駆除し続ける製品も存在しています。

害虫を瞬殺できる殺虫剤ですが、その便利さと裏腹に人体への影響も懸念されています。

普段は気にせず使いまくってますが、殺虫剤が人体に与える影響はどのようなものなのでしょうか??

殺虫剤の種類、使い方等も合わせて調べてみました。

是非、参考にしていただければと思います。


スポンサーリンク

殺虫剤の人体に及ぼす危険性

殺虫剤の多くに使用されているのは、ピレスロイド系殺虫剤です。

基本的に鳥類や哺乳類には効果がほとんどなく、人体には無害だとされています。

虫に強く作用する神経毒物です。

虫の体内に入ると、虫の神経細胞を破壊し駆除します。

人体の場合は体内の酵素によって分解されてしまいます。

ですので、人体にはほとんど無害とされています。

大量に吸ったり飲んだりするのはダメですよ!もちろん^^

加えてピレスロイド系殺虫剤は分解されるのも早く、空気や光に触れると分解されてしまいます。非常に優れた殺虫剤です。

使用で気をつけなければならないのは、赤ちゃんがいる家庭です。

赤ちゃんがいる家庭では、殺虫剤使用の後は充分換気してください。

できれば、天然素材でできた虫よけや蚊帳を使うことをオススメします。

殺虫剤の種類や効果

一口に殺虫剤と言っても、先程ご紹介いたしましたピレスロイド系殺虫剤の他にもイロイロあります。

1.有機リン系殺虫剤

虫の体内に取り込まれると、コリンエステラーゼと結合し動きを阻害します。

ピレスロイド系殺虫剤より強力な効果を発揮します。

2.IGR剤

IGR剤とは、昆虫成長制御剤とも呼ばれてます。

虫の変態や脱皮のバランスを狂わせることで駆除します。

3.ネオニコチノイド系殺虫剤

タバコのニコチンに似た成分でできてます。

家庭用の害虫駆除やペット用に多く使われ、水によく溶けることから農地などでも大規模で使われています。

4.カーバメート系殺虫剤

虫の神経を過剰に興奮させ麻痺させて駆除をします。

アブラムシ等に効果が高く少量でも効果は早いです。

5.ピレスロイド系殺虫剤

最初に説明させていただいた殺虫剤ですので、割愛させていただきます。

まとめ

基本はピレスロイド系殺虫剤を使うのが無難です。

現在としては、もっとも人体に影響のない殺虫剤と言えます。

しかし、やはり毒は毒ですので使わないに越したことはありませんね^^

ハーブなどの自然なモノを積極的み取り入れていきたいものです!

ありがとうございました。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いている人

Jiroです^^ 毎日気ままな生活送っています。 日常の気になった出来事をテキトーに記事にしてます(*^^*)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る